盛岡でブラジリアン柔術ができるジムがある!?

今回は盛岡八幡宮そばに道場を構える「盛岡ブラジリアン柔術アカデミー」さんを突撃しました。

 

生まれて20数年、格闘技と縁遠い生活を送っていた私は、全くの予備知識・経験がない中で、代表の阿部さんにお話を伺ってきました。

 

 

どうしても柔術と柔道とを混同して考えてしまいがちな方も多いはず。

まずは、柔術についてお話を伺いました。

柔道と比べて大きく違う点は、投げの一本がないところ。

勝敗については、「競技相手が関節技あるいは締め技によって降参の意思表示を行う」か、「より多くのポイントを取って制限時間を迎える「スコア判定」」かの大きく2つがあるそうです。

多くのポイントを取って試合を有利に進めるために無数の寝技があり、まだまだ新しい技が生まれるほどヴァリエーションも豊富。

単純に投げて背中をつけさせれば勝利ということではなく、有利なポジションを取れるように相手の動きを制することを考えながら試合を進めていくといった、より実戦的な勝敗の判定方法となっている。

そのため、前年までは考えられなかったアプローチでの戦略が考えられたりと知的な要素も多く組み込まれていることも魅力とのこと。

 

 

 

少しずつブラジリアン柔術のことがわかってきたところで、盛岡ブラジリアン柔術アカデミーさんの練習環境について迫ってみます。

格闘技に限らず運動系全般の部屋の印象でまず浮かぶイメージは「汗臭い」。

思い起こせば高校時代、私が所属していた運動部の部室も汗臭く、綺麗とは言いがたいものでした。

今回訪れた盛岡ブラジリアン柔術アカデミーさんのジムのドアを入った印象は全く違い、爽やかで綺麗な白を基調とした道場でした。

内装は阿部さんのこだわりが見え、海外の道場などを参考にして改装を行ったそうです。

音楽も流れる道場は、日本の武道とはまた一線を画したクールな雰囲気があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドアを入ってすぐのカウンターには柔術関係の雑誌や、流行のエクササイズを紹介している雑誌なども置かれており、

柔術の技術を高めるといった目的だけでなく、日々の運動不足を解消したいといったニーズのことも考えられているなという印象があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

岩手県では認知度が低いブラジリアン柔術ですが、

盛岡ブラジリアン柔術アカデミー代表の阿部さんが取り組みだしたのは今から10年以上も前。

学生時代を過ごした仙台市の近くの体育館で練習を行っていたことがきっかけ。

元々柔道の経験もあったことから、「趣味で始めてみようかなっ?」と思い立ち、練習に参加した所から現在に繋がっているそうです。

それからブラジリアン柔術の技を考える楽しさ、競技性の奥深さに魅せられアカデミーを開くまでになったそう。

現在では鍛えた技術を競うため大会にも出場し、東北地区の団体戦で表彰状をもらうまでの実力者です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東北地区の選手権優勝の際の賞状

 

 

 

 

平日20時から始まる練習風景も見学させていただきました。

阿部さんをはじめ、経験豊富な方が一つ一つの動作を確認しながら丁寧に指導されていました。

練習は決まった動作の反復というよりは、自分の体をいかにコントロールできるかといった、自分との対話を主としたもの。

相手の動きに合わせて相手の動きをいかに制するかといった相手との対話を主としたもの。大きく2つに分けられます。

少しづつステップを踏みながら、技術と経験にあった練習を行えるので、年齢・性別に関わらず誰でも始めやすい競技と言えます。

 

ブラジリアン柔術を始める人のほとんどが0からのスタートとなるので、練習が辛くて付いていけないと言ったことがことがなく、

また、初めに用意するものが道着のみと初期費用を低く抑えられることで、自分が思った以上に気軽に始められる競技なんじゃないかなっと感じました。

 

平日の仕事終わりにそれぞれの場所で仕事してきた方が集まるので、新たな人と人との交流の場としてもいい場所です。

練習の中で、相手との対話が自然と増えてくるので、新しい人間関係を作るのが苦手っという人でも、すんなりと受け入れられる環境ではないでしょうか。

 

 

 

私自身ブラジリアン柔術というものに初めて触れる機会となりましたが、

従来の格闘技のように体の大きさや筋力に頼るだけでなく、自分の体の操作性や相手の動きに合わせて動作の組み立てを瞬時に考えていく思考力など様々な要素を多分に含んだ奥深い競技なんだなと感じました。

柔術(格闘技)と聞くと、「強そうな男性」が「自分を鍛えるために厳しいトレーニングをしている所」

っと勝手にイメージを持ってしまっていて、屈強な男の人たちが集まる場所と思っていました。

しかし、今回のお話を聞き、実際に見学させていただくことで、

体を動かしながら、自分と向き合う時間を作ったりストレスを発散させたりすることができる、身近なものになるのではないかと感じました。

また、海外では練習のためのだけでなく、着るための道着がある程ファッション性も高く、カジュアルなものとして広まっているそう。

盛岡ブラジリアン柔術アカデミーさんでも、Tシャツなどのファッションアイテムも取り扱っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これからブラジリアン柔術が特別な競技ではなく、野球やサッカー、柔道のように

誰もが知っていて、気軽に参加出来る競技になる日も近いなと感じました。

 

 

 

現在、今回ご紹介させていただいたジムでは週末に無料体験会を開催しています(道着レンタル可能)【詳細はこちら

しかも、2月、3月の体験入会を通して入会された方には道着一着プレゼントだそうです!!(初期投資入会金と月額会員料くらい?)

詳細は盛岡ブラジリアン柔術アカデミーさんにお問い合わせください。

何か新しいことを始めようと思っているけれどなかなか一歩踏み出せないという方が多いと思いますが、まずは気軽な気持ちで体験会から参加して見るのもアリだと思います。

 

ジム情報

名 前 :盛岡ブラジリアン柔術アカデミー
住 所 :盛岡市中ノ橋通り二丁目12-14 山王ビル 1F
T E L :090-7932-1421
開講時間 :スケジュール参照(http://www4.hp-ez.com/hp/soujiukai/page12
U  R  L:http://www4.hp-ez.com/hp/soujiukai/page1

盛岡市中ノ橋通り二丁目12-14 山王ビル 1F

 

 


スポンサード


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もよく読まれています

teru盛岡LIFE 副編集長

投稿者プロフィール

盛岡生まれ、盛岡育ち。

盛岡近郊の魅力的なお店、行ってみたいお店の情報など、盛岡市民の一人としてお届けしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る