【高校野球】花巻東が盛附を4-3で破って優勝!2018年岩手県大会。

いや〜最後まで目を離せない好ゲームでした!

2018年、記念すべき第100回目の甲子園への切符をかけた戦いは、花巻東が制しました。

花巻東は3年ぶり9度目の甲子園出場となります。

 

決勝戦に相応しい、両校素晴らしい試合でした。

どちらが優勝してもおかしくない展開。

最後の最後に、盛附に9回表、四球とエラーが出て、それが逆転・決勝点となりました。

たった1球で試合が変わってしまう。

それが野球の面白さであり、恐さでもあります。

そして相手のミスを逃さず着実に攻めた花巻東。

いつ頃からか「逆転の花巻東」なんて呼ばれるようになりましたが、まさにそんな試合展開でした。

 

花巻東のみなさん、優勝おめでとうございます!

そして今年も多くの感動と勇気をくれた岩手の高校球児のみなさん、本当にお疲れ様でした!

君たちの人生は、まだ始まったばかり。

共に過ごした仲間と、厳しい練習に耐えた強い気持ちを持って、これからの人生に羽ばたいて欲しいと願っています。

 

さて、花巻東のみなさん。

君たちはセンバツの借りを返しにいかなければならない!!!

センバツは優勝した大阪桐蔭に大敗でした。

大阪桐蔭は、過去幾度となく甲子園に出場していますが、

その中でも歴代最強と言われるチームです。

そりゃね、強いですよ。

選手も化け物揃いですよ。

ドラフトに何人かかるんだ?っていうくらい、一級品のチームです。

でもね!!!

そのチームが絶対に勝つ理由なんてありません。

(まだ大阪桐蔭が甲子園出場を決めたわけではありませんが。笑)

 

花巻東のみなさんは、岩手県勢そして東北勢初の優勝をするという歴史を創る使命があります。

歴史を創るのは花巻東。君たちです。

甲子園での大活躍を心から願って。

頑張れ花巻東!!!


スポンサード


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もよく読まれています

morisan

morisan盛岡LIFE 編集長

投稿者プロフィール

盛岡生まれ、盛岡育ち。
大好きな盛岡の"今"を発信するために、盛岡LIFEを執筆中。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る