【星野リゾート 青森屋】青森旅行に行くなら「浮湯」を味わいたい。

【星野リゾート 青森屋】浮湯で最高に和んできた。

昨年の年末からず〜〜っと行きたいと思っていた、

星野リゾート「青森屋」。

シルバーウィークを利用して、

思い切って日帰り旅行に行ってきました!

(※宿泊は当然のことながら、満室だったので、次回におあずけ・・・。)

 

星野リゾート「青森屋」とは?

「青森を堪能できる宿」

そんな言葉がぴったりの宿です。

元々は「古牧グランドホテル」という名前で運営していましたが、

バブル崩壊とともに、客足が減少し、2004年に経営破綻。

その後、星野リゾートが経営に乗り出し、現在に至っています。

場所は青森県三沢市(旧国陸奥国)にある古牧温泉(こまきおんせん)。

青森県三沢市古間木山56

盛岡から車で、約2時間でした。

駐車場に車を止めて、まずは施設の全体像を把握。

星野リゾート青森屋案内図

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”] 広い・・広すぎる・・・![/speech_bubble]

青森屋の敷地面積は約22万坪。

「かっぱ沼コースを歩いていたら、日が暮れちゃうよ!」

っと思ったので、短めの「旧渋沢邸コース」を散歩することに。

渋沢邸の入り口には、巨大な渋沢大門があったり、

星野リゾート青森屋渋沢大門

男心をくすぐる鐘があったり、

(もちろん叩いた。笑)

星野リゾート青森屋鐘

こんなのもありました。

写真 2015-09-20 11 30 00

数分歩くと、見えてきました渋沢邸。

写真 2015-09-20 11 38 37

写真 2015-09-20 11 39 04

写真 2015-09-20 11 39 13

とても趣のある邸宅でした。

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”]えっ?外の話はいいから、早く中に入れって? [/speech_bubble]

そんな声も聞こえてきそうなので、早速、中に潜入!

ちなみに入り口はこんな感じでした。

星野リゾート青森屋エントランス

 

青森屋の中に潜入!

入り口でまず向かえてくれるのが、大量のリンゴ達。

星野リゾート青森屋入り口のりんご

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”]青森と言えば?? [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”]りんご!!! [/speech_bubble]

ですが、まさかいきなり来るとは思いませんでした。笑

でもこうやって地元を感じることができるのは、

何とも素晴らしいですね!

 

その後、館内を物色。

ちょうどこの日は、

「りんご×ほたて祭り」と題して、

様々なイベントをやっているようでした。

星野リゾート青森屋イベント

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”]りんごガチャガチャやりんごジュースの出る蛇口、すげぇ気になる・・・。 [/speech_bubble]

っと思ったのですが、たいていは15時〜なので、

宿泊者向けのイベントがほとんどのようです。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”] 次こそは泊まりに来て、りんごジュースの出る蛇口からジュース飲むぞ![/speech_bubble]

っとアツく決心しました。笑

館内はお祭りムードが漂っています。

星野リゾート青森屋館内

星野リゾート青森屋館内 ねぶた祭り

 

星野リゾート青森屋館内 やっぱりここでもりんごの登場

星野リゾート青森屋館内

星野リゾート青森屋館内 お土産もたくさん売ってます

 

次はお風呂へゴー!

事前に日帰り温泉についてもリサーチ済み。

館内の温泉と離れの温泉の2ヶ所あるようです。

今回は館内の温泉に潜入!

入り口はこちら。

星野リゾート青森屋館内

何と言っても、

「浮湯」

がこの温泉のメインです。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”]さぁ、では写真を! [/speech_bubble]

っといきたいところですが、

さすがにお風呂の中は撮影NG・・・。

ホームページなどで確認してみてください。

 

青森屋の温泉は、

「熱め」「ぬるめ」と温度を分けていたので、

熱い温泉が苦手な私にとっては、

じっくり入って、くつろぐことのできる温泉でした。

 

しかも日中に行ったので、

宿泊客のチェックイン前だったこともあり、

浮湯を独占することができました!

あの独占欲は半端じゃない。。。

 

夜のライトアップも凄く綺麗だと思うので、

今度は夜の浮湯に浸かりに来たいです。

 

さぁ、お次は昼食!

ゆったりのんびり温泉に浸かったら、

お腹が減ってきました。

館内に「ヨッテマレ酒場」という場所があり、

ここで昼食をとることができます。

星野リゾート青森屋館内

星野リゾート青森屋館内

 

頼んだのはもちろん・・・

せんべい汁

せんべい汁!!

最後、せんべいを砕いて自分で入れるという、お楽しみも残されています。

せんべい汁もついて、ご飯もついてなので、

かなりのボリュームでお腹いっぱいでした。

 

もう1つのオススメランチは、こちら。

青森屋豚バラ

豚バラ定食ですね〜。

こちらも自分で焼くスタイル。

 

ちょっと脱線しますが、

ここで思い出すのは、青森県民の方なら誰でも知っているソウルフード。

スタミナ源のたれ!!

これです。

スタミナ源のたれ

これが何でも合うんですね〜。

肉にかけてよし、野菜に炒めにしてよし。

ご飯が進むこと、進むこと。。。

最近食べていないので、久しぶりに食べたくなりました。

 

まとめ

お風呂上がりには、お土産を買って、

りんごのソフトクリームを食べて、大満足。

今回は日帰り温泉だけでしたが、

夜のイベントもかなり楽しそうなものばかり。

今度はゆっくり宿泊しに来たいと思いました。

星野リゾート青森屋

 

■施設情報

名称:星野リゾート  青森屋

住所:〒033-8688  青森県三沢市字古間木山56

アクセス:

車以外/JR八戸駅から無料シャトルバス(要予約)
車/八戸IC~八戸自動車道経由、第二みちのく有料道路六戸JCTより約3分

送迎:

送迎あり(条件あり):

■三沢駅西口から送迎あり 8:00~19:00迄の毎時10分・40分発定時運行
■JR八戸駅、新青森駅、青森空港(5/8~11/23※一部除外日あり)より無料送迎バスあり
3日前迄の事前予約制。詳細は青森屋公式HPでご確認又は0176-51-1116へお問い合わせ。

総部屋数:231室

標準的なチェックイン時間:15:00~ ※宿泊プランごとにチェックイン時間の設定がある場合は、そちらが優先。

標準的なチェックアウト時間:~12:00 ※宿泊プランごとにチェックアウト時間の設定がある場合は、そちらが優先。

電話:050-3786-0022(8:00〜21:00)
緊急連絡先:0176-51-1111 (21:00〜8:00)

URL:http://noresoreaomoriya.jp

青森県三沢市古間木山56

スポンサード


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もよく読まれています

morisan

morisan盛岡LIFE 編集長

投稿者プロフィール

盛岡生まれ、盛岡育ち。
大好きな盛岡の"今"を発信するために、盛岡LIFEを執筆中。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る