【あまちゃん】DVDで見始めました!

【あまちゃん】DVDで見始めました!

久慈を舞台にしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。

放送されたのがもう2年前になるのですが、

実は私、見た事が無かったのです・・・。汗

 

放送終了後には「あまロス」なる言葉が誕生し、

多くのファンがいることを知りました。

 

放送から2年経った今、

DVDを入手することができたので、

早速見始めることに。

 

あまちゃんの脚本は、通称「クドカン」こと、宮藤官九郎さん。

クドカンといえば、

・池袋ウエストゲートパーク

・木更津キャッツアイ

・タイガー&ドラゴン

・流星の絆

・うぬぼれ刑事

・ごめんね青春!

などなど、数々のヒットドラマ・映画を手がけた方です。

がっつり”クドカン世代”の私は、

やはりクドカン作品は見ておかなきゃならん!

まして、久慈が舞台ならなおさらや!

っという気持ちになり、見始めることにしました。

 

見始めた感想は?

あまちゃんが放送されてからというもの、

東京で「岩手県出身です。」と言うと、

「えっ、岩手?じゃあ、『じぇじぇじぇ』って言ってよ!笑」

っと毎回言われます。

そんな時は、大半の岩手県民の方が思っているであろう、

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”morisan.jpg” name=”編集長morisan”]じぇじぇじぇなんて言わねぇよ![/speech_bubble]

という一言をいつも返している私。

どちらかというと、盛岡育ちなので、

「じゃじゃじゃ」

の方が馴染みがあるわけです。

(「じゃじゃじゃTV」も昔から見てるしね。笑)

 

今はようやく第2週が終わったところ。

アキが「東京さ帰りたくねぇ!!!」っとなったところです。

最初は数話だけ見るつもりだったのですが、

一気にここまで見てしまいました。

 

クドカンワールドと”田舎”が絶妙に混じり合って、最高に面白いです。

橋本愛さん演じる足立ユイちゃんが、東京に憧れる気持ち、良〜〜くわかるなぁ。

自分も高校生の頃、”都会”に憧れる一人でした。

そんな昔の自分も重ねわせながら、

これからどんな展開になるのか??

続きを楽しみにしたいと思います!

 

p.s.

「ウニだと思うな、銭だと思え!」

いやぁ・・・名言です。

 


スポンサード


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もよく読まれています

morisan

morisan盛岡LIFE 編集長

投稿者プロフィール

盛岡生まれ、盛岡育ち。
大好きな盛岡の"今"を発信するために、盛岡LIFEを執筆中。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る